オートアライアンスが山口県で四社目のアライアンスを締結!5月31日より、山縣部品が新たにグループに参入。

~ 2月1日に発足した「オートアライアンス」、自動車や自動車部品の未来へ向けた広域アライアンスの展開を加速 ~

2018年5月31日、オートアライアンスの株式会社フタバ(本社:熊本県熊本市 代表取締役社長:木下 龍起)は、自動車補修部品と整備用機械工具の販売を行っている山縣部品有限会社(本社:山口県萩市、代表取締役:山縣 賢一郎)とのアライアンスを締結することを発表いたしました。

オートアライアンスは、自動車補修部品と整備用機械工具の販売を行っている山縣部品有限会社とのアライアンスを締結することを5月31日に正式に発表いたしました。

オートアライアンスの山口県の同業企業とのアライアンス締結は、2014年の明和自動車株式会社から四社目で、これにより山口県内の拠点数は13拠点(熊本、山口、福岡の三県で30拠点)となり、萩市や長門市などの山陰地域を含んだ山口県内全域の商品供給ネットワークが構築されたことになります。

山縣部品有限会社は、1929年より自動車修理業を営んでいる山県自動車株式会社の関連会社で、萩市と長門市の二拠点より地域産業の活性化に長きにわたって貢献してきた老舗企業です。

この度、各社の有する経営資源を掛け合わせることで、より一層の事業基盤の強化と、高い事業シナジーの発揮を見込み、山縣部品有限会社の営業権をオートアライアンスに譲渡する合意が成立し、本契約締結に至りました。

今後、大きな変化が予想されるカーアフターマーケットにおいて、山口県全域に構築された強固な広域ネットワークをベースに、志を共有したグループ企業との強みを活かしあいながら新たな体験価値を創造し、更なる飛躍を目指してまいります。

【プレスリリース詳細:PR TIMES】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000030848.html