プレスリリース 2018年10月12日

自動運転時代の到来によって大きく変わり始めた業界の未来像とは?次世代モビリティ社会実現のカギとなるEDRデータの活用にあたって、業界を牽引しているボッシュのカンファレンスの模様を、オートアライアンスが配信。

コネクティビティやAIなどデジタル化による待ったなしの変革が訪れるモビリティ産業において、2017年、過去最大となる売上高10兆5千億円を達成するなど、世界No.1自動車部品サプライヤーとして業界を牽引しているボッシュ株式会社(以下、ボッシュ)は、2018年10月10日、東京都渋谷区の本社で日本で初となる「BOSCH CDR ステークホルダー カンファレンス イン ジャパン 2018」を開催した。

クラッシュデータ・リトリーバル(以下、CDR)とは、ボッシュが2013年のフランクフルト・モーターショーにおいて成長を支える三本の柱として発表した「自動化、ネットワーク化、電動化」の自動化におけるメイン事業の一つで、イベントデータレコーダー(以下、EDR)からデータを取り出すためのツールとしては世界No.1のシェアを誇る。

トヨタ社がEDR取得のための内製ツールとして開発していたROT(Toyota Read Out Tool)からボッシュ製のCDRへの移管を2011年6月に決定し今では全世界をCDRで対応しているなど、カーメーカーからも高い信頼を得ている。現在、17社(日系5社、さらに2社が導入予定)、52ブランドに対応しており、EDRデータ取得の標準機とも言われている。

当カンファレンスには、CDR創成期から開発に携わっているボッシュ グローバルCDRプロダクトマネージャーのビル・ローズ氏やボッシュ・ジャパンのCDR第一人者 里廉太郎氏が登壇した他、CDRの運用関係者である、科警研、警視庁、トヨタ自動車をはじめとする各自動車メーカー、事故調査会社の技術者、損保会社、弁護士など、100名を超える参加となり、自動運転社会の実現に向け、CDR普及に対する関心の高さがうかがえた。

「自動運転時代を前に変わりゆく業界の”今”」をテーマに、CDRに関連する情報を連載にて配信。

【速報】日本で初、ボッシュCDRカンファレンス2018が開催!(1)

【図解】 対応迫られる自動車整備業界(2)

【特集】トヨタも採用、EDRデータ取得の標準機とも言われるボッシュCDRツールとは?(3)
近日公開予定。

<10月に開催される一般向けCDR(事故データ抽出・解析)セミナー>

先進運転支援システム(ADAS)ビジネス最前線のご紹介。事故前後の車両データをレポート化。クラッシュデータパラメータを分析することで詳細な事故解析を実現!CDRから得られる車両データを解析するためには専門のトレーニングを受けた「CDRアナリスト」が必要となります。

スピーカー:CDRジャパン株式会社 ブリッジ代表 藤田 隆之 氏
会場:くまもとツールショー2018 グランメッセ熊本
日時:10/28(日)13:00-13:45

セミナーのご予約・お問い合わせは下記より。

開催決定!第37回くまもとツールショー2018

前回のセミナーの内容はこちら

 

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
オートアライアンス/株式会社フタバ  担当:企画部
電話:096-377-2811  メールアドレス:contact@autoalliance.jp
URL:http://www.autoalliance.jp/