プレスリリース:2018年12月21日

本日オートアライアンスは、更なるアライアンスの拡大とメンバー企業の成長を見据えるとともに、より一層のブランディング強化を目的に、ユニクロのクリエイティブディレクターなどを歴任したタナカノリユキ氏(TANAKA NORIYUKI ACTIVITY Co., Ltd. 代表)のディレクションによる「オートアライアンス・サービスカー」の新デザインを公開いたしました。

現在、熊本県、福岡県、山口県に本社を置くアライアンス5社にて運用している245台のサービスカーについては、オートアライアンスの共通デザインを用途に合わせ順次適用し、グループビジョンの共有と一体感の醸成を促すことで、お客様のニーズ・時代に合った高水準のサービスを生み出し続けていくことを、全社一丸となって目指してまいります。

<クリエイティブ企業>

CREATIVE DIRECTION : TANAKA NORIYUKI
ART DIRECTION / DESIGN : TANAKA NORIYUKI ACTIVITY

タナカノリユキ
クリエイティブディレクター / アートディレクター / 映像ディレクター / アーティスト

1985年、東京芸術大学美術研究科修了。アートやデザインといった枠組みを越え、ビジュアルコミュニケーションに関わるクリエイティブ領域で幅広く活躍。
自身のアートワークと共に、インタラクティブアートの開発、プロダクト・空間のデザイン、建築の企画・開発、MUSIC VIDEO、CM のディレクション、広告、CIから都市開発まで、ブランディングのアートディレクター、クリエイティブディレクターとして国際的に活躍。

1999年から2007年までユニクロのクリエイティブディレクターを歴任。時代を牽引したクリエイティブとビジョンで、ブランドを確立させ、ブランドイメージの向上、ユニクロの急成長やグローバル化、発展に貢献。最近の仕事にソニーエリクソン XPERIA、資生堂グローバル、などのクリエイティブディレクションがある。2016年から現在、POLA リンクルショットのディレクションを手掛ける。

主な受賞歴
第5回日本グラフィック展奨励賞(1984)、第2回 JACA 展特別賞(1984)、第3回 JACA 展グランプリ(1985)、東京芸術大学制作買い上げ賞(1985)、日本グラフィック展年間作家新人賞(1987)、TDC 会員賞銀賞(1992)、第4回世界ポスタートエリンナーレ・トヤマ銅賞(1994)、DDA 通産大臣賞(1996)優秀賞(1988、1996)、アジアンパシフィック広告賞 CF 部門金賞、プリント部門銀賞(1998)、フジサンケイ広告大賞制作者賞(2000)、朝日広告賞(2000)、TCC 賞(2001)、東京 ADC会員、TDC 会員、朝日広告賞審査委員、グッドデザイン賞審査委員、ベストデビュタント賞審査委員長など。